分類:哺乳綱 ネコ目 マングース科

和名:フイリマングース

学名:Herpestes auropunctatus

英名:Small Indian mongoose

原産地:東南アジア~南アジア

指定項目:重点対策種(沖縄県)特定外来生物・緊急対策外来種(環境省)

 さまざまな地上生の在来種(小型哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・昆虫類等)を捕食しており、沖縄島北部で得られた糞からは、ヤンバルクイナの羽も発見されています。また人のレプトスピラ症を引き起こすレプトスピラ菌を保有しています。

形態・生態

頭胴長25~37 cm、尾長19~29 cm程度で、オスの方が大きくなります。腹部を除いて黒~褐色と黄白色の毛に覆われます。原生林から市街地まで、さまざまな環境に生息します。繁殖期は年1~2回で、一度に1~3頭の子供を産みます。

沖縄への侵入経路と分布

 ハブ対策をおもな目的に、1910年に沖縄島と渡名喜島に放されたものが、沖縄島で生き残って増えました。伊江島や石垣島でもハブ対策やネズミ対策として放されたことがありますが、定着はしなかったと考えられます。県外では、奄美大島(1979年)や鹿児島県本土部(1980年以前)にも定着しています。


県内の分布(赤色):沖縄島

過去に侵入したことがある島(黄色):渡名喜島・伊江島・石垣島

生態系と私たちの生活への影響

①生態系への影響 

 沖縄島では、在来の哺乳類(ワタセジネズミなど)、鳥類(ヤンバルクイナ・ノグチゲラ・ホントウアカヒゲなど)、オキナワキノボリトカゲをはじめとする爬虫類、ハナサキガエルなどの両生類が捕食されています(小倉ほか 2002; 河内・佐々木 2002)。

②私たちの生活への影響

 糞・尿を通じて、レプトスピラ菌の感染源となります。

沖縄県の対策

 沖縄県ではやんばる地域の希少動物を守るために、平成12年度より環境省と分担して、沖縄島北部でマングースの駆除をおこなってきました。カゴ罠に加え、より効率的な筒罠(捕殺式の罠)を併用し始めた平成20年度以降、マングースの分布域を大幅に縮小させてきています。

 平成17年度以降は「マングース北上防止柵」を3本設置し、柵以南の地域からのマングースの侵入を防ぐとともに、柵で囲われたエリア内での徹底的な捕獲を行っています。第一北上防止柵以北、第一北上防止柵~第二北上防止柵(第一バッファーゾーン)、第二北上防止柵~第三北上防止柵(第二バッファーゾーン)と区分しています。

 

第一バッファーゾーン・第二バッファーゾーン

 沖縄県が担当するこれらの地域での駆除は、より以北の地域へのマングースの侵入を食い止めるために重要です。複数の種類の罠に加え、探索犬も導入して駆除を行っています。

①第一バッファーゾーン

 この地域では、CPUE(捕獲努力量あたりの捕獲数)はおおむね一貫して低下しており、マングースの低密度化を達成しつつあると判断しています。現在は、残存・流入個体の排除を目指した対策に移行しつつあります。

第一バッファーゾーンにおける捕獲状況.CPUE=捕獲努力量あたりの捕獲数
平成27年度の捕獲地点
令和3年度(12月まで)の捕獲地点

②第二バッファーゾーン

 第一バッファーゾーンへのマングース流入対策として、平成29年度よりこの地域でも捕獲を開始しました。まだ全域でマングースが捕獲される状況のため、引き続き捕獲を継続し、マングースの低密度化を達成する必要があります。

第二バッファーゾーンにおける捕獲数とCPUE(捕獲努力量あたりの捕獲数)の推移
平成29年度の捕獲地点
令和3年度(12月まで)の捕獲地点

③第一北上防止柵以北の地域

 この地域では当初は沖縄県も対策を行っていましたが、現在では環境省が担当しています。希少種の多く生息する地域であるため、この地域からのマングースの完全排除を目指しています。これまでの駆除により、マングースの捕獲努力量あたりの捕獲数は着実に減少しています。また、マングースの確認地点は、おおむね地域の南部に限られるようになってきています。

マングース捕獲数とCPUE(捕獲努力あたりの捕獲数=捕獲数/(罠設置数 x 稼働日数) x 1000)の推移

マングース捕獲地点.平成20年(2008年)度と令和2年(2020年)度の比較

ギャラリー

参考・引用文献

  • 河内紀浩・佐々木健志. 2002. 沖縄島北部森林域における移入食肉目(ジャワマングース・ノネコ·・ノイヌ) の分布及び食性について. 沖縄生物学会誌 40: 41-50.
  • 国立環境研究所. 2011-2020.フイリマングース. 侵入生物データベース.
    https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/10210.html
  • 小倉剛・佐々木健志・当山昌直・嵩原建二・仲地学・石橋治・川島由次・織田銑一. 2002. 沖縄島北部に生息するジャワマングース(Herpestes javanicus)の食性と在来種への影響. 哺乳類科学 42: 53-62.
  • 自然環境研究センター. 2019. 最新日本の外来生物. 平凡社, 東京.
  • やんばる野生生物保護センター「ウフギー自然館」HP.
    https://www.ufugi-yambaru.com/torikumi/gairai_mangusu.html
  • Watari, Y., Takatsuki, S. & Miyashita, T. Effects of exotic mongoose (Herpestes javanicus) on the native fauna of Amami-Oshima Island, southern Japan, estimated by distribution patterns along the historical gradient of mongoose invasion. Biological Invasions 10: 7-17.